うな重「いちのや」川越

埼玉県の川越にある「いちのや」という、とっておきのうなぎ屋を紹介します。
どうして埼玉県の川越でうなぎを食べるのか?ですが、
川越は江戸時代に肉を食べることが禁止されていて、周りに流れる川で天然のうなぎが取れて、それを主食としていました。
だから日本の中でも歴史があるうなぎ屋さんが沢山あるのです。

スポンサーリンク

いちのやとは?

「いちのや」は川越の中でも古くからある人気のうなぎ屋です。
川越駅から歩いて20分くらいかかるので、少し遠く感じますが、うなぎはお腹を空かせて食べるとより美味しいので丁度いいかもしれません。
川越駅は東京駅から電車で1時間で行けます。

歩いていると大きな看板が見えるのでわかりやすいです。

うなぎ いちのや 川越本店
350-0056 埼玉県川越市松江町1-18-10
049-222-0354

店内の様子

私は12時頃にお店にいきましたが、もう満席でした。
10分くらいで案内されましたが、人気店なので待ちたくなければ11時台に行くことをおすすめします。
ここは順番を待つ、待合場です。

順番を待つときは右の紙に名前を書きます。

お店は2階立てで、私は2階に通されました。
趣のある店内です。

案内された部屋はこんな感じ!!和を感じます!!

うな重

席に座ると素敵な敷物が引いてありました。

メニューはこんな感じ。
人気なのはやっぱり「うな重」です!!うな重(菊)が一番人気です!!

ついに運ばれてきました!!まるで宝石箱のようです!!!!わくわく!!!

ど〜〜〜〜〜〜〜ん!!!!!美味しそう過ぎる〜〜〜〜〜!!

となりはうなぎの肝の入ったすまし汁です。これに漬物が付きます。
これが日本のうな重のスタンダードです。

このうなぎの照り具合いはまさに最高傑作です!!米にタレが絡み合っています。
美味しすぎるぅぅぅぅぅぅ。
美味しすぎて一瞬で食べてしまいました… ww
ごちそうさまでした!!

まとめ

日本の本場のうなぎを味わうなら川越へいきましょう。
そして、この川越には「小江戸」という、日本の古い街並みを観光することもできるので、ランチにうなぎを食べて、観光に出かけるとより良いでしょう。
この観光は、日本でも通な人しか知らない、まさにとっておきです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Una-juu Ichinoya in KAWAGOE

I will introduce a special eel called “Ichinoya” located in Kawagoe, Saitama.
Why do you eat eel in Kawagoe in Saitama ? but,
Kawagoe was forbidden to eat meat in the Edo, a natural eel was taken in a river flowing around and it was a staple food.
So there are lots of eels with history in Japan.

スポンサーリンク

What is “Ichiyonaya”?

“Ichinoya” is an old eel among Kawagoe, a popular eel.
It takes about 20 minutes to walk from JR Kawagoe station, so it feels a bit far, but eels may be exactly delicious as they are hungry and eaten.
JR Kawagoe Station can be reached by train from Tokyo Station in 1 hour.

It is easy to understand because you can see a big sign when walking.

Ichinoya
1-18-10, Matsuecho, Kawagoe-shi, Saitama, 350-0056
049-222-0354 (+81-49-222-0354)
※Please note that inquiry by phone may only be available in Japanese.

Hours
Monday – Sunday 11:00 – 21:00(L.O.20:30)
Close
Irregular holidays
Average price
Dinner: 3,500 JPY

State of the store

I went to the shop around 12 pm, but it was full.
Although it was guided in about 10 minutes, we recommend that you go to the 11 o’clock if you do not want to wait because it is a popular shop.
This is the waiting area waiting for the turn.

When waiting for the order write the name on the right paper.

The shop is on the 2nd floor, and I passed through the 2nd floor. It is quaint in the shop.

This guided room is like this! ! I feel Japanese! !

Una-juu

There was a nice rug drawn when sitting in the seat.

The menu looks something like this.
The popularity is “Una-juu” ! ! Una-juu “Kiku” is the most popular! !

Finally it was carried! !
It looks like a jewelry box! ! ! !
It’s exciting! ! !

Do 〜〜〜〜〜〜〜 n! ! ! ! !
It tastes too good ~~~~~! !

Next is the light (Clear) Soup with Eel-liver.
Tukemono are attached to this.
This is Japan’s standard.

The eel with this eel is exactly the best masterpiece! !
Sauce is intertwined with rice.
Oishi sugiru ~u~u~u~u~u~u.
It was too delicious and I ate it in a moment … hahahaha
Gochisōsamadeshita! !

In summary…

Let’s go to Kawagoe if you enjoy the Japanese eel.
And it is better to go to sightseeing by eating eel for lunch, because we can sightsee the Japanese old streetscape “Komeda” in this Kawagoe.
This sightseeing is exactly what the only people in the country know about.

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする